カートをみる マイページへログイン ご利用案内 お問い合せ お客さまの声 サイトマップ
RSS
 

悩みの構造

【経営者の悩みは計り知れない】

経営者といっても、現代の多様化している業種のなかでの経営者=トップは様々。
中にはオーナー(個人事業主)と呼ばれる方・中小企業の経営者・士業・ネットショップのオーナーなど・・・も経営者の総称といたしましょう。
事業体の大小にかかわらず、経営者の悩みは経営者にしかわからない。
例えばそこに、取締役及び士業の方々を携えていても、やはり最終決定は経営者なのです。
これからの時代、課題に取り組み、各々の成長拡大戦略と言っても、最終的に責任を負われるのは会社であり、ひいては経営者の意思決定が会社の運命を左右するのです。


経営者の悩みの構造

経営者の悩みの構図は上図の通り・・・さまざまな悩みをお持ちでしょう。
見ただけで頭を抱えたくなります。
ここで、一番ネックとなるものが「資金繰り」
どうにかやりくりしている・銀行の融資がある・投資してくれる人団体がある・株式があるなどで経営が順調というラッキーな方はあまりいないのでは?ないでしょうか。
資金繰りに関しては、いろいろな条件が付いたりして難しい融資に関しても突破しなければなりません。さまざまな条件が実となって、資金繰りがうまくいくことが解っていても、うまくいかないのがこの世の常。やはり、ハードルは高いのです。
そこで、『資金繰りがうまくいく→出ていくお金が少なくなる』とどうでしょうか?
資金繰りがうまくいかない→売り上げを伸ばさなくては、コストダウン→などの流れになるので、うまくいけばよいですが、そう急には売り上げも伸びません。コストダウンもすぐには実行出来ないでしょう。そこに、無用にお金が出て行かなくなった」となると、今までの流れがプラスに転じる可能性が高まってきます。
つまり金運をUPするということは「不意な出費・無駄な出費をなくすこと」なのではないでしょうか。

>>>商品詳細ページへ

売上を伸ばすには?

売上を伸ばすための苦労は誰にでもどの会社にでもあります。
マーケティング・競合調査・人材育成等々・・・
売上げを伸ばすには「営業の仕組み作りが重要である」と考え、日々数字とのにらめっこ。
営業のよい人材がほしい」と人材ネットを探すなど。
資金繰りに続き、更に目を塞ぎたくなるというかたも多いのではないでしょうか。

自助努力によって、毎日社員も格闘しているのになぜ?と立ち止まって考えている経営者の気持ちを社員の方はどれだけ理解されているのでしょうか。しかし、立ち止まっている場合ではない「動かねば!」と奮起していらっしゃる毎日でしょう。
そこで、そんな経営者の方に会社の方に売上を伸ばす→マーケティング・競合調査の本質が見えたらどうでしょうか?
餌がないところに魚は寄ってきません。市場も同じことではないでしょうか?顧客を造り出すのだと意気込んでも、マーケティング・時代の流れを読み解かなくてはなりません。時間とお金のロスが発生し、その分を取り返す事が果たして何年かかるでしょうか?
「市場が見えてきたら、営業もやりやすい→自社の特化した部分が産業を生み出す」となれば願ったりかなったりです。
「的確に市場を察知すること」これが売り上げを伸ばす=仕事運をUPするということではないでしょうか。

>>>あなたの金運は?現状を知ろう!無料金運診断ツール
>>>経営者の悩み・「資金繰り・人材・市場開拓」について先人に学ぶ
>>>商品詳細ページへ